に投稿 コメントを残す

初めての方から中級者までおすすめのロングフィン4選

ロングフィンとは

ロングフィンとは、その名の通り一般的には長いフィンを指しています。何と比べて長いかというとスキューバ・ダイビングなどのゴム製フィンや海の監視員などが利用するフィンと比べてです。

ロングフィンの用途は、フリーダイビングと呼ばれる各種競技用のものとスピアフィッシングなどに用いられるものがありますが、基本的には同じような構造をしており、フリーダイビング専用のものを除くとどちらにも使えるロングフィンが多くなっています。その他にもロングフィンの使われ方として、ドルフィンスイム、シュノーケリング、スキンダイビングなどにも多く用いられます。

いづれの用途にも共通することが、水中に深く長く滞在するためにロングフィンを利用するということです。このページでは初心者の方から中級者の方を対象にロングフィンをどのように選んだら良いのかを全体像を説明しながら解説をしていきたいと思います。

ロングフィンの各パーツ

ロングフィンは大きく分けて以下の要素からできています。

  • ブレード
  • フットポケット
  • ウォーターレール

ブレード

ロングフィンのブレードは、水流を作り出すためにはロングフィンの中で最も重要な要素です。ブレードは、材質寸法(長さ、幅)・形・角度などによって様々なものが考案されており、ロングフィンを選ぶ際に最も重要な要素です。重要な要素のため、のちほど更に詳しく個別に解説をしたいと思います。

また、メーカーによってはデザインを選ぶことができる場合もあるため、オリジナル感を出すためにはデザインを選べたほうが良いかと思います。

フットポケット

フットポケットはブレードと自身の足を結びつける部分で、各メーカーから販売がされており、多くがゴム製でできています。一言でゴム製といってもメーカーによってその構造は大きく異なり、軽いものから重いもの、薄く伸びるゴムから伸びないゴムなど幅広く発売がされています。

通常はブレード角度が同じであれば、フットポケットを同じブレード角度のブレードには取り付けることができます。ただし、ブレードとフットポケットは接着剤で固定されている場合と、ネジなどで固定されている場合があり、前者の場合はフットポケットの交換が困難で、後者の場合はネジ穴が一緒でないとブレードに新たな穴を開ける必要があり強度が弱くなってしまいます。そのため、はじめに選んだものをそのまま利用し続けることがよいでしょう。

ウォーターレール(リブ)

ウォーターレールは、ブレードの両端についたゴム製のもので水流をより作り出すために設けられています。ブレードとセットになっているため、取り外しは困難で純正のもののみを利用することをおすすめしますが、メーカーによっては色を選べるため、オリジナリティを出すためにはここの色を好みのものに変更したほうが良いでしょう。

ブレードの材質

ロングフィンを選ぶ上で最も気にするのは、この材質になるかと思います。材質により金額と泳ぎ方が大きく変わるためです。一般的には、プラスチック製 < グラスファイバー製 < カーボン製 の順で金額が高くなりとブレード自体の軽さが軽くなっていきます。水中でフィンキックをしたときの軽さもこの順番となっています。それでは個別に解説をしていきたいと思います。

プラスチック製

最も安価なプラスチック製のフィンです。プラスチックの特徴としては材料費が非常に安いことから、メリットはその他のブレードの材料と比べると非常に安い点です。

ただし、メリットはそれのみです。その他のあらゆる要素が他の材質のものとは大きく異なるため、多くのフリーダイビングメーカーはプラスチック製のフィンを制作しておらず、世界的に大きなダイビングメーカーかスピアフィッシング専用メーカーがプラスチック製のフィンを制作している場合がおおくなっています。個人的にも、はじめはプラスチックのロングフィンを使用していましたが、その後グラスファイバー製やカーボン製に変更した際に、プラスチック製のロングフィンがおもちゃのように感じたことを覚えています。

また、Omerなどのプラスチック製フィンは日本では非常に高価な金額で販売されているため、日本での購入はおすすめできないため、もしプラスチック製フィンを購入したい場合は、海外通販サイトのでの購入をおすすめします。例えばレートによって変わりますが、Omer Stingray(オマー スティングレイ)は定価24,000円(税別)に対して海外サイトでは関税・送料込みで7,000円〜8,000円代で購入ができます。もちろん商品は全く同様です。ちなみに、カーボン製のO.ME.R オマー スティングレイ カーボンの場合、定価95,000円に対して海外サイトでは約42,000円前後です。

ただ基本的には、初めてのロングフィン購入を考えていて、コストをできるだけ抑えたい場合を覗いておすすめはしません

グラスファイバー製

グラスファイバー製のロングフィンは、プラスチック製のそれとは大きく異なり非常に粘りと大きな水流を作り出すことができます。それでいてカーボン製のフィンと比べると安価なため、大変人気のある材料です。グラスファイバーは航空機や船舶などにもよく利用されている材料で非常に高い強度と劣化しにくく軽量という特徴があります。

グラスファイバーを用いたロングフィンメーカーで有名なLeaderFins(リーダーフィン)社の場合は、グラスファイバー製のフィンはカーボン製よりも6,700円安くなっています。

このフィンは万人受けするタイプのため、おすすめできる層が多いですが、目安としては初めてロングフィンを買われる方や水深20m以内で遊ばれる方などにおすすめです。

先程も紹介をしましたが、グラスファイバー製を広く扱っているLeaderFins(リーダーフィン)社のフィンがデザインの種類が豊富で最もおすすめです。

カーボン製のロングフィン

カーボン製は、各メーカー最高峰の材料として使用しています。そのため、最も高価ですが、フリーダイビング競技などでは必須のアイテムで、ワンラン上の泳ぎをするためには必要なフィンです。

カーボン製のロングフィンは非常に強度がないと思われがちですが、その軽量さから自動車や釣り竿など強度を求められる場所でも利用されていて、通常利用で壊れることはあまりありません。ただし、踏んだり尖ったものへ面箇所をぶつけると割れてしまう可能性はあります。スピアフィッシングでも磯周りが多い方はカーボン製よりもグラスファイバー製のフィンの方が良いかと思います。

カーボンは高弾性、高反発で有りながら軽量で非常に感度がよいため、フリーダイビングなど極力酸素の消費量を抑える競技には最適です。そのため、より深く長く潜りたいを思う方にはおすすめのフィンです。

カーボンフィンでおすすめのフィンは、Carbonio G.F.T(カーボニオジーエフティー)Cetma Compositesが最もおすすめです。

どちらも高度なカーボン製造技術が必要な航空機の技師が設立した会社のため、カーボン自体の性能が非常に高く、また、世界で最もスピアフィッシングとフリーダイビングが盛んなイタリアで有名な会社です。どちらかというとCarbonio G.F.T(カーボニオジーエフティー)はスピアフィッシング向きでCetma Compositesはフリーダイビング向けですが、どちらもフリーダイビング選手に使われるフィンのため、デザインなどで選んで良いかもしれません。

ブレードの硬さ

ブレードの材質が同じであってもブレードの硬さを選ぶ必要があるロングフィンもあります。この硬さをどのように選ぶかは、上級者でも意見がわかれるところですが、ロングフィンを何に使うかの目的によってフィンの硬さを選ぶ必要があります。1つの目安としてCetmaComposite のMantra(マントラ)というフィンのメーカー推奨の硬さを見てみましょう。

この場合Freediving(フリーダイビング)がメインかSpearfishing(スピアフィッシング)がメインかと体重によってブレードの硬さを選ぶように指示されています。

まず、フリーダイビングは一定方向にできるだけ少ない酸素消費量で進むため、最も柔らかいブレードを勧めています。スピアフィッシングは、ある程度水面を横方向に進んだあと、水中で待機するか水面から潜っていき獲物を狙うため酸素消費量が多少あっても少し硬めのフィンを勧めています。

このように目的によりブレードの硬さは選ぶ必要がありますが、スキューバダイビングのフィンとは考え方が異なりロングフィンの場合は柔らかいフィン=推進力が少ないではなく、柔らかいフィン=酸素消費量が少ない=ゆっくり深く潜れるということを覚えておきましょう。

ブレードの寸法

ブレードの寸法は、フィンメーカーやロングフィン名によって異なりますが、おおよそ700mmから800mm後半に集中しています。ブレードの長さは、推進力を作り出すための水をかき出す量が増えるため、長いほうが推進力を作りやすくなりますが、長いブレードは水中での方向転換がしづらくなります。そのため、水中を一定方向に進むためには長いロングフィン、水中・水上をいろいろな方向に進むためには短いロングフィンがおすすめです。

メーカー ロングフィン名 ブレードの長さ
CarbonioGFT ONDA pro H.F. 870mm
CarbonioGFT Alpha Rhythm-Evo 870mm
CarbonioGFT FORCE 850mm
Leaderfins すべて共通 800mm
CetmaComposite Mantra(マントラ) 742mm
CetmaComposite Prana(プラーナ) 667mm
Omer(オメル) スティングレイ 全長930mm
Omer(オメル) スティングレイ カーボン 全長930mm

ブレードの角度

ブレードの角度は泳ぎ方に直結をします。泳法として大きく分けて両足で行うドルフィンスイムと交互に足を動かすバタ足があります。ドルフィンスイム向けのブレード角度は浅くできるだけ足を伸ばしたときにその延長線上になるようなブレード角度で、バタ足向けのブレード角度は深くなっていておおよそ30度前半です。

Cetma社のMantra(マントラ)の場合、通常のものとフリーダイビングの競技の一つであるCWT(コンスタントウェイト ウィズフィン)用の2種類がありそれぞれ以下のブレード角度となっています。

フリーダイビング用のもののほうが角度が浅く、通常のマントラのほうが角度33度と深めになっています。それでは主要なフィンの角度を見てみましょう。

メーカー ロングフィン名 ブレードの長さ
CarbonioGFT ONDA pro H.F. 24度または32度
CarbonioGFT Alpha Rhythm-Evo 24度または32度
CarbonioGFT FORCE 32度
Leaderfins すべて共通 20度
CetmaComposite Mantra(マントラ) 33度
CetmaComposite Prana(プラーナ) 33度
Omer(オマー) スティングレイ 22度
Omer(オマー) スティングレイ カーボン 22度

CarbonioGFTのフィンは、取り付けるフットポケットによってブレードの角度を選択することができます。フリーダイビング向けの角度としては、30度前半の角度、バタ足に限らずドルフィンスイムなども行いたい場合は、ブレードが浅い角度を選ぶと良いでしょう。

ただ、競技に参加するなど以外の場合は、そこまで角度を気にする必要もないかと思います。好みの泳ぎ方のブレードを選ぶとそれにあったブレード角度になっている場合が多いためです。

デザインで選ぶ

これまではブレード性能や材質による選び方を紹介してきましたが、デザインで選ぶことも良いかと思います。せっかく高価なお買い物をするため、かわいいブレードやかっこいいブレードを選んでも間違いではないでしょう。

ブレードのデザインで選ぶ場合は、CarbonioGFT(カーボニオGFT)かLeaderFins(リーダーフィンズ)をおすすめします。

カーボニオGFTのデザインは種類が多くこちらにまとめています。最新版のFORCE以外はすべてのデザインをプラス7,150円でペイントすることができます。かわいいデザインから岩場を思わせるかっこいいデザインまで多種多様にあります。また、カーボニオGFTのロングフィンには名前の刻印をすることもできます。刻印はプラス2,700円かかりますが、好きな文字(英語・数字)を入れることができるため、オンリーワンのフィンを作るならカーボニオGFTです。

カーボニオGFTのペイントはプラス料金がかかりますが、Leaderfins(リーダーフィン)の場合は、すべてデザイン料込みの値段となっています。こちらでデザインを確認できますが、LimitedEditionという1年間限定デザインのフィンは、その年にしか販売されないため気に入ったデザインのものはすぐに購入されたほうが良いでしょう。

おすすめのロングフィンまとめ

初めてロングフィンを購入する方

初めてロングフィンを購入される場合、グラスファイバー製の廉価版ロングフィンがおすすめです。プラスチック製のフィンは予算が合わない場合のみ海外サイトでの購入をおすすめします。

グラスファイバー製のフィンは、LeaderFins(リーダーフィン)のグラスファイバー製フィン一覧か1年間限定のデザインLimitededitionからデザインを選んで、「ブレードの材料」をグラスファイバー製にしましょう。

基本的にグラスファイバー製のフィンは、日本でのプラスチック製フィンと同じぐらいの値段で購入できますので、まずはロングフィンの扱いをなれるために安くてプラスチック製フィンよりも反発力があり軽いグラスファイバー製のロングフィンがおすすめです。最初から良いものをとお考えの方は次の項をご覧ください。

プラスチック製フィンやグラスファイバー製フィンを利用している方

次にすでにロングフィンを利用していて別のロングフィンを探している方向けの解説をします。

すでにロングフィンを持っていてさらに別のフィンを探されているということは今よりもよいロングフィンを探されているかと思います。その場合、カーボン製のロングフィンがおすすめです。グラスファイバー製のロングフィンを利用したときは、その推進力に驚かれたと思いますが、カーボン製のロングフィンはさらに少ない力で大きな推進力を得られるため、驚かれると思います。

カーボン製のロングフィンでおすすめなのは、CetmaのロングフィンMantra(マントラ)か、カーボニオGFTのFORCEONDA pro H.F.です。

スピアフィッシングの場合は、Mantra(マントラ)かFORCE(フォース)、フリーダイビングがスキンダイビングの場合は、Mantra(マントラ)かFORCE(フォース)、ONDA(オンダ) pro H.F.のどれかがおすすめです。デザインを選びたい方はONDA(オンダ) pro H.F.、特にデザインが他人と一緒でも問題がない方はMantra(マントラ)かFORCE(フォース)が良いかと思います。

CetmaとカーボニオGFTのフットポケットは接着剤を使用してブレードとフットポケットを固定するタイプのため、フットポケットの変更が困難になっています。

そのため、サイズを慎重に選ぶ必要がありますが、当サイトではフットポケットの試着サービスを行っていますので、ぜひ購入前にご利用くださいませ。

おまけ1:足を傷めないためのフィンソックス

通常ロングフィンを履く場合は、フィンソックスかブーツを履くことが多いです。フットポケットは柔らかいゴムのため素足でも履くことはできますが、フィンソックスを履いてからフットポケットを履くことをおすすめします。スピアフィッシングをする方で磯周りから潜られる方はマリンブーツのほうが良いかもしれません。

おまけ2:持運びに楽なフィンバッグ

ロングフィンを購入したあとに思うことが、「ロングフィンに合う大きさのバッグがない!」ということです。実はロングフィンにはその形状にあったロングフィンバッグというものがあります。旅行などで飛行機に乗せるときも、船の上や車での持運びにもロングフィンバッグが一つあると大変便利です。日本でも多く売っているOmer(オマー)のものからほかメーカーのものまで多く紹介をしていますので、持ち運びに便利!旅行には必須のロングフィンバッグをご覧ください。ちなみにOmer(オマー)のフィンバッグは海外で購入したほうがかなり安く変えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA