に投稿 コメントを残す

Cetma Composite のロングフィンバッグ

今回はCetma Compositesのロングフィンバッグをご紹介したいと思います。
Cetma Composites は、イタリアのカーボンメーカーで、フリーダイビングやスピアフィッシング向けにロングフィンやモノフィンの制作を行っています。

ロングフィンバッグの詳細

Cetmaのロングフィンバッグは、黒色の防水生地でできていて、真ん中に「CETMA composites」のロゴとイタリアの国旗をあしらった緑、白、赤のボーダーラインがあります。
黒色の防水生地は、高級感があり、肌触りと光沢があることが特徴です。内部は、表の生地とは異なり、銀色の耐熱をイメージさせるような生地で作られています。残念ながら内部にクッション材のような生地はありませんが、ほぼすべてのフィンバッグにクッション材は使われていなため、諦めるしかないでしょう。
持ち手が一箇所と対角線上にショルダーベルトがあるため、手持ちすることも、背負うことも可能です。

ロングフィンバッグの全長と閉じ方

全長は横幅約31.5cm、縦幅約126cmあります。
しかし、縦幅については注意が必要で、このフィンバッグは、フィンバックを締めるためには、入り口付近の生地を下図のように丸める必要があります。

そのため、その部分を残すとなると縦幅は107cmになるため、おおよそ110cmぐらいのロングフィンは収納可能です。
それでは、LeaderFinsとCarbonioGFTについても、このフィンバッグに入るかどうか調べて見たいと思います。

LeaderFins(リーダーフィン)の場合

実は、CetmaのブレードとLeaderFinsのブレードの長さはともに約80cmとなっており、フットポケットのサイズも大きくは変わらないため、ロングフィンの全長もそこまで変わりません。そのため、LeaderFinのロングフィンも問題なく収納することができます。LeaderFin(リーダーフィン)のロングフィンはこちらから購入することができます。

CarbonioGFT(カーボニオGFT)の場合

次にCarbonioGFT(カーボニオGFT)の場合も試してみたいと思います。カーボニオGFTのロングフィンは、長さがまちまちですが、メインとなるフィンの長さは以下のようになっています。

ロングフィン名 ブレードの長さ
ONDA pro H.F. 870mm
Alpha Rhythm-Evo 870mm
Alpha 870mm
AERO 800mm
FORCE 850mm

上記の図のように、カーボニオGFTのロングフィンで最も長いものでも870mmです。870mmのAlphaで試したところ以下の図のようにすっぽりロングフィンバッグの中に入れることができます。

そのため、カーボニオGFTのロングフィンも現時点では全て使えると思っていただいて問題ありません。

まとめ

Cetmaのロングフィンバッグについてご紹介をしてきましたが、このバッグのポイントは以下のとおりです。

  • ・高級感がある生地
  • ・持つと背負うの2通りが選べる
  • ・当サイトで扱うロングフィンは全て使える

長いロングフィンの持ち運びは、非常に困ってしまうことが多々ありますが、最も長いカーボニオGFTの870mmのロングフィンでも使えるため、長いロングフィンをお持ちの方は待望の一枚といえるでしょう。
Cetmaのロングフィンバッグはこちらで購入することができます。また、ロングフィンバッグ以外にウェットスーツやマスクなどの入れたい場合は、一回り大きいCetmaのフリーダイビングバッグがおすすめです。

Cetma Composites(チェットマ コンポジット)について

Cetma Composites(チェットマ コンポジット)は、Cetma Composites(チェットマ コンポジット)にまとめて記載をしています。

[blogcard url=”https://lovely-oceans.com/cetma-cmposites%EF%BC%88%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%89/”]

ロングフィン用のバッグ比較について

ロングフィンを収納できるバッグを持ち運びに便利!旅行には必須のロングフィンバッグで紹介しています。
持ち運びに便利はロングフィンバッグを探している方は、一度一覧表をご覧いただければと思います。

に投稿 6件のコメント

【サイズで失敗しない】フットポケットのレンタル試着サービス

フットポケットをレンタルして試着が可能に

ロングフィンを購入しようと思ったとき、迷ってしまうことの一つにフットポケットのサイズがあると思います。

  • 「ヨーロッパサイズのためサイズわからない。」
  • 「ブーツを履くどのサイズがよいの?」
  • 「サイズを失敗したくない。」

そんな方のためにフットポケットをレンタルして試着ができるサービスを始めました。

高額なロングフィンを買うのに失敗したくない方へおすすめのサービスです。

レンタル可能なフットポケット

リーダーフィンズのフットポケットはネジ式で着脱が容易に可能なため、フットポケットの無料交換を行っています。そのため、リーダーフィンズの試着は行っていません。

カーボニオGFTとCetmaCompositeのロングフィンは、ネジ式ではなく接着剤によって止められているためフットポケットのサイズ変更は困難です

そのため、カーボニオGFTとCetmaCompositeの純正フットポケットのレンタル試着を行えるようにしています。具体的には以下の4つのフットポケットです。

  • CetmaComposite S-wing
  • CarbonioGFT HidroGFT
  • PATHOS
  • Leaderfins Forza

フットポケットレンタル方法

フットポケットをレンタルして試着する方法を説明したいと思います。

それぞれについて、説明をしていきたいと思います。

1.フットポケットのレンタル試着申込みページへ移動

まずは、レンタル試着申込みページへ移動をします。フットポケットの試着レンタルはこちらからできます。

2.必要なフットポケットを選択する

レンタルしたいフットポケットを選びます。
レンタル試着が可能なフットポケットとサイズは以下です。

CetmaComposite S-wing

  • 35-36:約22-23cm
  • 37-38:約23.5-24cm
  • 39-40:約24.5-25cm
  • 41-42:約25.5-26cm
  • 43-44:約26.5-27cm
  • 45-46:約27.5-28cm
  • 47-48:約28.5-29cm

CarbonioGFT HidroGFT

  • 35-37:約22-23.5cm
  • 38-40:約24-25.5cm
  • 41-42:約26-26.5cm
  • 42-43:約26.5-27cm
  • 44-45:約27.5-28cm

PATHOS

  • 40-42:約25-26cm
  • 42-44:約26-27cm
  • 44-46:約27-28cm

Leaderfins Forza

  • 31-32
  • 33-34
  • 35-36
  • 37-38
  • 39-40
  • 41-42
  • 43-44
  • 45-46

メーカーによってフットポケットのサイズ感や幅などが異なるため、前後のサイズを複数選択することをおすすめします。
1申込みでレンタル可能な最大数は3つまでです。3つも必要がない場合は、「なし」を選択頂くことでレンタル試着するフットポケットの数を減らすことができます。

3.規約に同意いただきレンタル申込み(購入)する

規約に同意いただき購入(お申込み)の処理をお願いいたします。具体的には、カートに入れて頂き、カートから購入をお願いいたします。
決済が完了されましたら、お申込み完了です。

4.商品を受取、試着をする

お申込みが完了しましたら、商品の発送手配を開始いたします。このときの発送料金は当社が負担します。
レンタル試着用のフットポケットは数に限りがあるため、レンタルに出してしまっている商品の場合、数日間お待ちいただく可能性がありますのでご了承くださいませ。
レンタル試着用のフットポケットの発送が完了しましたら、発送完了メールを送付致します。
商品を受け取ったら、実際にフィンをはく状態で試着をします。ソックスやブーツをはく場合は、履いた状態でフットポケットとのフィット感を確認しましょう。小さいサイズの場合、無理に履こうとすると破れてしまう可能性もございますので、ご注意ください。

5.商品を返送する

試着を終えましたら、お客様負担で発送(発払い)いただきます。
レンタル試着用のフットポケットには数に限りがあり、他のお客様を待たせているため出来るだけ早くフットポケットをお戻し頂ければと思います。
最大で3つのフットポケットを選択していただけます。

まとめ

フットポケットの試着レンタルはこのように行っていただくことが可能です。
カーボンのロングフィンは非常に高価なものが多く、サイズを間違えてしまっても交換ができないため、購入される前に一度サイズの確認をされたほうが良いと思います。
ぜひこのサービスをご利用頂ければと思います。

に投稿 2件のコメント

CetmaCmposites(チェットマ コンポジット)の保証について

CETMA COMPOSITES製品は品質保証をしているイタリア製の優れた製品です。

イタリアでは、品質、機能性、耐久性を確保するために厳格な航空原則に従って設計、試験、製造および最終管理が行われています。

全ての炭素部品は、ASTM規格D3039、D3410、D5528、D5961、D5767、D6484、D7264、D792に従って試験されています。

CETMA COMPOSITES保証

CETMA COMPOSITES保証は、次の期間にのみカーボン部品に適用されます。

  • 5年:S-Wingフットポケットを同時購入されて、接着剤用やねじ用の穴あけを行っていない場合
  • 2年:カーボンブレードに穴をあけ、フットポケットをネジで固定している場合、または、他社のフットポケットを利用している場合

注意事項

誤った使用や不適切な使用、改造、破損に起因する損害、外部からの衝撃に起因する損壊には、保証は適用されません。また、保証の適用については、CetmaCarbonio社の裁量もって適応を致します。

保証が適用されない例1:踏まれたことによりブレードのカーボン部分が破損した。
保証が適用されない例2:何度も岩などの個体にブレードをぶつけたことが起因してブレードのカーボン部分が破損した。

CETMA COMPOSITES製品の保証については、保証書に詳しい記載があり、保証書は商品購入時に商品に同梱されています。

ご注意:弊社のウェブサイトに登録した場合に限り、最長5年間の保証を得ることができます。保証は、当社または認定リセラーが購入した製品に対してのみ有効です。

質問および/または情報については、info@cetmacomposites.it

Cetma Composites(チェットマ コンポジット)について

Cetma Composites(チェットマ コンポジット)は、Cetma Composites(チェットマ コンポジット)にまとめて記載をしています。